船渡御

令和元年

725日(木)

令和2年 船渡御は、新型コロナウィルスの感染拡大を受け、中止が決定されました。

日本三大祭 大阪天神祭り

船渡御とは

船渡御とは

大川をゆっくりと行き交う船の上で、頭上へ豪快に打ち上げられる花火をご覧になりながら、お食事をお楽しみいただけます。
過去乗船していただいたお客様には非常に喜ばれ“来年もぜひ乗船したい”との声が多数で、非常に価値のあるものです。
2020年(令和2年)の天神祭の船渡御にはぜひご乗船ください。

頭上豪快に打ち上げられる奉納花火 / 賑やかに交わされる大阪締め

ここが違う!!

船渡御 最大級の「御金弊船」

船渡御 最大級の「御金弊船」

祭り関係者以外乗船できない神様が鎮座する奉納船で、全員そろいの法被姿で行き交う船と「大阪締め」を体験できます。

空と川面を彩る花火の饗宴

空と川面を彩る花火の饗宴

天神祭りのクライマックスである約4千発の奉納花火が船の真上で楽しむことが出来ます。

過去の船渡御の様子

OATAならではの格別なおもてなし

空と川面を彩る花火の饗宴

うなぎ弁当と飲み放題付

船上では、うなぎ弁当とビールを始めチューハイ、ジュース等が 飲み放題!
※写真はイメージです。

男女別トイレ付き

男女別トイレ付き

船上には、男女別のトイレが設置されているので、安心してお楽しみ下さい。

オリジナルお土産

オリジナルお土産

天神祭りならではの「講社の半纒、手ぬぐい」のお土産付きです。

過去の船渡御の様子

船渡御の詳細情報

日時:令和元年 7月25日(木)

35000円

サービスの内容
・うなぎ弁当
・お飲物
(生ビール・チューハイ・ソフトドリンク等)※
・講社の半纏・手ぬぐい

※飲み放題 但し数に限りがあります。

■ お祭のポイント

日本三大祭、大阪・天神祭。そのクライマックス、船渡御を体験いただける企画です。
頭上豪快に打ち上げられる奉納花火や、大川をゆっくりと行き交う船どうしで賑やかに交わされる“大阪締め”。船渡御ならではの臨場感あふれる雰囲気に浸れます。
河畔や橋上の人込みとは別世界の空間で、非日常のひとときをお過ごしください。